プリザーブドフラワーのデザイン性

もう一つ、プリザーブドフラワーの長所として触れておかなければならないものがあります。

それは、「自分で着色を行うため、自然界には存在しないような色の花を実現できる」ということです。

たとえばバラにしても、従来の赤色だけでは物足りないと感じたら、着色料を使用して青いバラなどを作ってしまう事も可能なわけです。

これによりプリザーブドフラワーのデザイン性は幅広いものとなり、フラワーアレンジメントなどにおいても個性的な作品を仕上げることも可能になってきます。

それでいて花本来のリアルな質感やみずみずしさが損なわれることは無いのですから、工夫次第では様々な使い方ができるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です