プリザーブドフラワーの性質について

プリザーブドフラワーは、フレッシュフラワー(生花)よりも重量が軽くなるのが特徴的です。

そのため、たくさんの花で装飾する服装デザインなどにも利用しやすく、またウェディングブーケなどとしても非常に理想的なものであると言えます。

しかしその一方でプリザーブドフラワーは高温多湿に弱いという側面もあります。

たとえば直射日光が長時間に渡って照射されるような場所や、じめじめした場所などに保管しておくとたちまち品質は劣化し、色が褪せてしまうなどといったことが起きてしまいます。

また、プリザーブドフラワーを作るにあたっては特殊な加工が施されていますが、それによって花の強度が増すわけではありません。

生花を扱うのと同様の扱いを心掛ける必要があると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です