プリザーブドフラワーの歴史について

これまで、人々は花の美しさに魅了されて様々な方法でそれを再現してきました。

生花をそのままの状態で保存するというこのプリザーブドフラワーの研究が開始されたのは190年代のことであり、ドイツのブリュッセル大学とベルリン大学、そしてフランスのベルモント社の共同研究として着手されました。

10年以上もの歳月をかけて行われた研究の末、1987年にとうとうプリザーブドフラワーは完成。

1991年にはベルモント社がプリザーブドフラワーを作るためのプリザーブド加工技術の国際特許を取得し、その2年後に日本へと上陸したのです。

以降プリザーブドフラワーは徐々に愛好者を獲得し、それに伴って人々のプリザーブドフラワーへの関心はどんどん高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です