プリザーブドフラワーは手入れが不要

プリザーブドフラワーの長所としては、「手入れが不要である」というところも重要でしょう。

本来の生花であれば、水を与えなければすぐにしおれてしまい、そのため使用用途も限られてきます。

服飾として生花を使用する際も、ほんの一時的な消耗品としてしか利用できません。

その点プリザーブドフラワーの場合ですと、水やりの必要はまったくないわけですから手間もかかりませんし、何よりも用途がぐんと広がります。

当然に花瓶に入れなければならないという制約もないので、壁や天井などに飾ることも可能となってくるわけです。

また、病院のお見舞いとしても、「手入れが必要で場所をとる生花」よりも、「手入れ不要で壁にもかけておけるプリザーブドフラワー」の方が適しているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です