性質と形状による問題点

プリザーブドフラワーは、様々に用途に応じて幅広く活用することができますが、しかしやはりどうしても生花の美しさには及ばない部分もあります。

たとえばドライフラワーなどよりは遥かにリアルでいきいきとした形状を保つことができるのですが、しかし花弁が縮れてしまったりすることによって全体的な大きさが小さくなってしまったり、また場合によっては斑点や褐色といった部分が現れ、色合いが変化してしまうこともあります。

また、花弁に色ムラやゆがみ、シワなどが生じてしまう場合もあります。

これらはプリザーブド加工を行う際に生じるものであり、防止するのはなかなか難しいものです。

もちろん綺麗に形状を保ったまま完成させられるものもありますが、全ての花を一定して「完璧な形」で保存する技術がまだ開発されていないという点は否めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です