生花より高価である

プリザーブドフラワーの短所として「生花よる高価である」という点が挙げられます。

通常プリザーブドフラワーの価格は生花の約3倍から5倍ほどであり、プリザーブドフラワーが生花よりも安くなるという事はまず考えられません。

これは収穫後にブリザーブド加工を行わなければならないという手間があるためです。

なかにはプリザーブドフラワーにするための専用の花を育てているメーカーもあります。

プリザーブド加工の際には特殊な溶液などが必要となるため、そのコストも価格に含まれます。

また、自分でプリザーブドフラワーを作る際も専用の溶液などを購入する必要があるため、結果的に生花よりも価格は高くなると言えるでしょう。

しかし、長い目で見た場合、花がしおれる度にそれを買い換えるよりはプリザーブドフラワーを一度購入した方が、経済的に優しいと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です