限定される種類

プリザーブドフラワーの短所として挙げられるものに「花の種類が少ない」というものがあります。

これはプリザーブドフラワーに「向いた花」と「向かない花」があるためであり、主にバラやカーネーション、ランなどといったような「花弁の多い花」または「花弁が花軸からはずれにくい花」はプリザーブドフラワーに向いているとされ、逆に花弁の数が少なく、花弁が花軸からはずれやすいような脆い花はプリザーブドフラワーに適していないとされてきました。

しかし最近では、花の全種類をプリザーブドフラワーとすることは出来ないにしても、加工技術がどんどん改良されて新素材が次々に登場しています。

これからますますその種類は増えていき、これまでの「種類が少ない」といった不満は解消されていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です